目立たない義歯・入れ歯

sp_bn01.png

丁寧な入れ歯作りで、喜んでいただけるように

  • 噛めない
  • 安定しない、すぐ外れる
  • 使っている時の見た目が気になる
  • 発音しづらい
  • 痛い
  • すぐに食べ物が挟まる
  • ごはんが美味しくない
  • 金具が気になる

入れ歯を作ったのに、そんなお悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃるようです。
また、使っているうちにこれらの不具合が出てくることも少なくありません。やすだ歯科クリニックでは、患者さまに喜んでいただける入れ歯作りをしており、そのために、まず「なぜ入れ歯が必要なのか」というところから考えるようにしています。
入れ歯が必要な方の多くは噛み合わせの機能が低下しているため、まずはきちんと「噛める」を実現する入れ歯でなくては作る意味がありません。
これから入れ歯をお作りする方も、今ご使用されている入れ歯に満足していない方も、まずはやすだ歯科クリニックへお気軽にご相談ください。

数ヶ月かけて丁寧に作る入れ歯とは?

より患者さまに合う入れ歯をお作りするために、当クリニックではまず「トリートメントデンチャー(仮の入れ歯)」をお作りしています。
そして、そのトリートメントデンチャーを使って数ヶ月間患者さまのお口に合うよう細かく調整を続けていき、最終的に完成形の入れ歯を製作します。
入れ歯は、ちょっとした出っ張りやカーブで噛み心地や違和感が大きく変わっていきますので、これくらい丁寧に作ることで、これまでの入れ歯との差を感じ取っていただけるかと思います。

目立たない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」

入れ歯が目立たないようにしたい。
そんな方にお勧めなのが、ノンクラスプデンチャーという部分入れ歯です。
通常の(保険診療でお作りする)入れ歯には金属の部品がついており、これを残っている歯に引っ掛けてお口の中に固定しますが、ノンクラスプデンチャーは歯茎だけで入れ歯を支えられるようになっているため、この金属の部品がありません。
そのため、お口を開けても入れ歯を使っていることがわかりにくくなります。
また、それ以外にも、装着感が良い、残っている歯への負担が少なくなる、金属アレルギーの心配がないといったメリットもあります。
ノンクラスプデンチャーに興味のある方は、やすだ歯科クリニックへお気軽にご来院いただければと思います。

医療法人豊永会 香芝KNデンタルクリニック スタッフブログ