小児歯科

sp_bn01.png

親子二人三脚を大切に

やすだ歯科クリニックでは、お子さまの治療をする際、保護者の方も一緒に診察室に入っていただくようにしています。
小さい子はどうしても治療を受けられないこともあり、そういった時は保護者の方のご協力も必要となります。

そして、お子さまのお口の中の状況を一緒に見て確認しながら、「現在どうなっているか」「今後どのような治療が必要か」などをご説明させていただきます。

ただし、当然いつまでも親子二人三脚が良いというわけではありません。
お子さまが一人でご来院して一人で治療を受けられるようになることを目指して、治療を進めていきます。

乳歯の虫歯は放っておいても大丈夫!?

時々、子供の歯が虫歯になっていても、「どうせすぐに永久歯に生え替わるから問題ない」と思い放置している方がいらっしゃいますが、乳歯でも必ず虫歯は治すようにしましょう。
なぜなら、乳歯の虫歯が進行していくと、永久歯にも悪い影響があるからです。

虫歯になった乳歯が永久歯に及ぼす影響

  • 下で待機している永久歯の先端にも虫歯が感染する
  • しっかり噛めないことで顎の成長が阻害される
  • 歯が抜けて歯並びが悪くなり、永久歯もずれたところに生えてくる

そして何より虫歯になると、痛みで苦しむことになります。お子さまが食事を楽しみ、将来困ることもないよう、もし虫歯になった時は必ず治療を受けさせてあげるようにしてください。

1本目の歯が生えてきたら、予防を始めましょう

将来、お子さまが自分の歯を長く保ち、いつまでも健康で美味しい食事を楽しむためには、幼少期の歯の予防が重要になります。お子さまがいらっしゃる方は、1本目の歯が生えてきたら予防はスタートすると認識していただければと思います。具体的な方法については、もちろんやすだ歯科クリニックの歯科医師や歯科衛生士がアドバイスさせていただきますので、まずはお気軽にご来院ください。

歯磨きトレーニング

磨き残しをチェックする染め出し液を使い、歯磨きの方法や仕上げ磨きについてアドバイスをさせていただきます。ご自宅でも、親子二人三脚で歯を守るようにしましょう。

フッ素塗布

フッ素は、歯を強くし、初期の虫歯や歯周病を抑えこむ効果もあります。正しくフッ素を塗っておくことで、大人になってからの口腔内環境にも良い影響が出てきます。

シーラント

生えたての歯は柔らかいため、その時期に虫歯ができることがよくあります。そのため、歯の溝をあらかじめ樹脂で埋めて、磨き残しができにくい状態をつくります。

当院では、小児期から始める予防矯正治療にも力を入れております。

医療法人豊永会 香芝KNデンタルクリニック スタッフブログ